tamulab.jp

tamulabはプログラミングのtipsやインターネット上で気になったことなどを書いてます

CentOS6 に MySQL 5.5 をインストール

calendar

reload

デフォルトのリポジトリには MySQL 5.1 なので、外部リポジトリを追加してインストールします。

外部リポジトリとして、 epel と remi を追加します。
# rpm -ivh http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/6/x86_64/epel-release-6-8.noarch.rpm
32bit の場合は URL の x86_64 を i386 に置き換えて下さい。

# rpm -ivh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-6.rpm

もし、 MySQL 5.1 がインストール済みの場合は削除します。
# yum erase mysql-server mysql

MySQL 5.5 のインストール
# yum install mysql-server --enablerepo=remi

my.cnf の変更
もし my.cnf の [mysqld] のなかで default-character-set=utf8 と指定していた場合は変更しないと
mysqld の起動に失敗します。

mysqld の起動
# service mysqld start

もし起動に失敗したらlog を確認して下さい。
たぶん /var/log/mysqld.log とかにあると思います。

この記事をシェアする

about

Toru TAMURA

Toru TAMURA

PHP, Ruby などをあやつるWebエンジニアです。Amazon Web Service(AWS)のユーザーグループ JAWS-UG 島根支部所属 [詳細]