macOSのDockでThunderbirdの未読バッヂの対象を変更する

macOSのThunderbirdを使っているとDockのアイコンのところに未読メールの件数がバッヂで表示されます。

けどこれって各メールアカウントの「受信トレイ」での未読メールの件数しか表示されないって知ってました?メッセージフィルタで受信メールの振り分けをしていると「受信トレイ」に残らないメールはカウント対象になっていないんです。

振り分けしたメールも未読ならDockのバッヂに表示する方法があったのでやり方をまとめました。

これ(受信トレイの未読メールしかカウントされていない)を

こう(受信トレイだけじゃなくフォルダに振り分けられた未読メールもカウント)したい

変更方法

Thunderbirdの設定エディタを使って設定変更を行います。紹介した設定項目以外を変更してThunderbirdの挙動が変わってしまったとしても当ブログでは責任を負いかねますので、ご自身の責任のもとに行ってください
  1. Thunderbirdの「環境設定」を開く
    →キーボードショートカットなら「⌘(command) + ,」

  2. 左のメニューから「詳細」をクリック→「一般」タブを選択→「設定エディタ」ボタンをクリック

  3. 「動作保証対象外になります」の表示がでますが、「危険性を承知の上で使用する」をクリック

  4. 「検索」に「mail.notification.count.inbox_only」と入力(または←をコピペ)

  5. 「値」が true になっていたら、trueの部分にマウスを合わせダブルクリックして false に変更

  6. 設定エディタを閉じてThunderbirdを終了してから起動しなおす

もとに戻すときは同じ手順で 5 のときに false から true に戻してください。

紹介した設定項目以外を変更してThunderbirdの挙動が変わってしまったとしても当ブログでは責任を負いかねますので、ご自身の責任のもとに行ってください(大事なことなので(略))