tamulab.jp

tamulabはプログラミングのtipsやインターネット上で気になったことなどを書いてます

AmazonLinux の古いリリースからの EC2 インスタンス立ち上げ

calendar

reload

view 193 views

AmazonLinux の古いリリースからの EC2 インスタンス立ち上げ

3月の終わりに Amazon Linux 2014.03 がリリースされました。

【AWS発表】Amazon Linux AMI 2014.03 が利用可能に
http://aws.typepad.com/aws_japan/2014/03/amazon-linux-ami-201403-is-now-available.html

デフォルトになっている ruby が 2014.03 から 2.0系 になりました。ただ、諸事情があり ruby は 1.8系 若しくは 1.9系 にしたかったので、次のような方法で 2013.09 の AMI から EC2 インスタンスを立ち上げました。

普通に EC2 インスタンスを作成するときに AMI を選択する画面がありますが、Quick Start に並んでいる Amazon Linux は 2014.03 になっています。
Amazon Linux は 2014.03 になっている

これではなくて、 2013.09 を使いたいので、左側にある「Community AMIs」をクリックします。
Community AMIs から検索して 2013.09 の AMI からインスタンス立ち上げます
検索キーワードに amzn-ami-pv と入力して検索します。
32/64bit の選択、ストレージデバイスの種類の選択は左側の絞り込みのチェックボックスからチェックします。

するとどうでしょう、 amzn-ami-pv-2013.09.2.x86_64-ebs や amzn-ami-pv-2013.03.0.x86_64-ebs といった AMI が表示されるではありませんか。
もちろんここは 2013.09.2 を Select してインスタンスを立ち上げます。

これで起動したインスタンスに SSH ログインすると 2014.03 が available だよ~ というメッセージが表示されます(太字の部分)。

が、ちょっと待って下さい。
ここで sudo yum update しちゃうと、せっかく 2013.09 の AMI から起動したのに 2014.03 に更新されてしまいます。

yum をする前に /etc/yum.conf で次の設定を変更します。

30行目の

と変更します。

変更したら保存して vi を終了します。

これでこころおきなく、 sudo yum update しちゃっても、2013.09 リポジトリを参照するので、2014.03 に更新されることはありません。

この記事をシェアする

関連記事

No Image

JAWS-UG Shimane vol.5やります
AWS Route53 にドメインを登録する
[AmazonLinux] サーバのタイムゾーンを変更した時のチェックポイント

about

Toru TAMURA

Toru TAMURA

PHP, Ruby などをあやつるWebエンジニアです。Amazon Web Service(AWS)のユーザーグループ JAWS-UG 島根支部所属 [詳細]