kindle paperwhiteが届いた

ついに kindle に手を出してしまいました。まえまえから 「kindleいいなぁ」と思っていたんです、えぇ。
先日某所の勉強会にて kindle voyage を触る機会があったんですが、それが引き金ですね。
あと、アマゾンプライムで始まったフォトストレージ容量無制限のためにプライム会員になったのもきっかけなんですが。

今回選んだのは kindle paperwhile(2015) で kindleリーダーの中では最新のものです。
アマゾンプライム会員だと kindleが4,000円オフになる(無料体験中だったら後で4,000円のクーポンがもらえる)のですが、voyage だどそれが適応されないし、スペックを見比べても paperwhite で十分そうなのでこちらにしました。


paperwhite と voyage の主な違いは次の通り。

- paperwhite voyage
内蔵ライト
明るさ自動調節
なし あり
ページ送り タッチスクリーンのみ タッチスクリーン、
ページめくりボタン
価格 10,280円 23,980円

価格差が大きいけど機能差としてはあまりないなという個人的な印象でした。

開封の儀

kindle-package-outside
kindle-package
IMGP6937

最初に表示されているのって紙かなんかが挟んであるとおもったら普通に電子インクでの表示でした。
これにはちょっとビックリしました。iPod とか apple 製品だとシール状のものが貼ってあることが多いじゃないですか。

見くらべ

コミック、小説、技術系本を見くらべてみました。
IMGP6945
グランドジャンプ 【無料連載版】 より 「いつかモテるかな」 よしたに

IMGP6946
二銭銅貨 江戸川乱歩

IMGP6947
Pro Git 日本語版

ProGitは公開サイトから mobi ファイルをダウンロードして USB経由 でkindleに入れました。

コミックについては見開きでの閲覧ではないので、人によっては読みづらいと感じるかもしれませんね。
あと、ページめくりの方向については原書と同じ方向にめくるので違和感はないでしょう。