vagrant+VirtualBoxでお手軽node.js開発環境っていうLTをしたよ

  • フロントエンド勉強会 in 山陰 #04 でLTしました。
  • vagrantとVirtualBoxを使ってお手軽にnode.js開発環境を作る方法を紹介しました。
  • Vagrantfileとansible-playbookをGitHubで公開してます。

フロントエンド勉強会 in 山陰 とは

html5, css, javascript, スマホアプリなど、フロントエンドに関する勉強会です。

html5, css, javascript, スマホアプリなど、フロントエンドに関する勉強会です。

LTしたよ

# イベント概要 「フロントエンド勉強会 in 山陰」では、html5, css, javascript, スマホアプリなど、フロントエンドに関する勉強会を定期的に開催します。 # 対象者 フロントエンド開発に興味・関心のある人。 # タイムテーブル・発表内容 時間 タイトル(内容) 発表者 18:55 -...

当日は 19:00開始だったのですが、あいにく仕事の都合により会場についたのが 20:00 というタイミングで、ちょうどショートセッションが終わりかけというタイミングでした。
ショートセッション終わって、小休憩を挟んでからLTが始まる予定だったのですが、なんと、私、ここにきてまだスライド1ページたりともできていなかったのです。
ということで、LTは3人だったのですが、順番をトリにしていただいて前のお二人のLT中にスライドをバババーっとつくりました。
もともと内容はある程度まとめてあったので、あとはスライドに落とし込むだけ、というレベルだったのが幸いでした。

それがこちら。


質問で「nとnvmの違いはなんですか?」ときかれて、思わず「文字数が違います。」というサムイボケをかましたわけですが、その後調べてみると次のような違いがありました。

  • nvmはユーザーごとにnode.jsのバージョンを切り替える
  • nはシステム全体のnode.jsのバージョンを切り替える
  • なので複数人の開発環境が入っているサーバならnvm、 専有できるサーバならnがいいんじゃないでしょうか

あと「システム全体に設定するには -g とかで大丈夫です」とか言っちゃいましたが、もともとnはシステム全体に影響します。
ここに訂正します。

Vagrantfile + ansible-playbook はこちら

Contribute to torut/vagrant-ubuntu-xenial64-nodejs development by creating an account on GitHub.

issue, プルリクなどお待ちしています。